Menu
 > 作品
 > ク行
 > クワイエット・プレイス
 > あにやん‍🌈さんのレビュー
クワイエット・プレイス のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 クワイエット・プレイス
製作国
上映時間90分
劇場公開日 2018-09-28
ジャンルホラー,サスペンス,SF,モンスター映画
レビュー情報
《ネタバレ》  始まってすぐスティーブン・キングの小説かシャマラン監督作品みたい、ってワクワクしちゃった。でもとんだ肩透かし。

 前半の雰囲気はいいのね。音を立ててはいけないって状況でいかに生きてゆくか。見ているこちら側も色々と考えて。自分だったらどうする、みたいな。
 ただし、あんな状況で妊娠はないわー。赤ちゃん泣くでしょうに。っていうか後半は極端に泣かない赤ちゃんで幸せだったわね、な展開になるんだけどさ。
 それにお姉ちゃんは自分のせいで弟を死なせてしまったっていう自責の念、そういうのを感じさせるにはあまりに身勝手で感情移入を拒んでくるし。
 登場人物のほぼ全てな一家5人、総じて軽率な行動が目立ってイライラして感情移入させてくれない、でも安易に感情移入させない事が重要なんですよ、って映画でもない気がするのよね。

 後半になっても軽率ファミリーの受難は続くのだけれども、敵さんの姿が明らかになると共に更なるツッコミどころが増えてゆくようなカンジで。
 『ヴィレッジ』と『ハプニング』と『アフター・アース』が混ざったようなシャマラン風味映画は『マーズ・アタック!』な逆転を経て『ガメラ3』的ラストへと至るのでした、って、あれれ?って。
 見てる間は『ザ・ロード』みたいな、もう少し暗示的、象徴的な、考えさせるハナシだと思ったのだけど、あんなラストカット見せられたら、そう大層なシロモンじゃないのよ、って宣言されちゃってるみたいでさ。これまでに散りばめられてきた様々な要素は全部オチを含む物語を運ぶための道具に過ぎなかったの?とか思っちゃうじゃん。父ちゃんと娘との関係だって、描きこまないのは考察の余地を与えてるため?とか思ったけど、実のところ描き足らないだけなんじゃないの?とか思っちゃうじゃん。

 終わってみれば、意外とオリジナリティに欠ける、音で驚かすばかりで怖さもイマイチなホラー映画ってところに落ち着いちゃったわ。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2018-10-05 20:15:56)
その他情報
作品のレビュー数 13件
作品の平均点 6.31点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
317.69%
417.69%
5323.08%
617.69%
7215.38%
8538.46%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.68
このレビューの偏差値 45.38
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
クワイエット・プレイスのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS