Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファースト・マン
 > あにやん‍🌈さんのレビュー
ファースト・マン のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ファースト・マン
製作国
上映時間141分
劇場公開日 2019-02-08
ジャンルドラマ,実話もの,伝記もの
レビュー情報
《ネタバレ》  アメリカの宇宙開発史を描いた一編ということで、『ライトスタッフ』『ドリーム』を見た後にこれを見て、さらにその後『アポロ13』を見たら完璧ね。
 だけど残念ながらアタシには『ライトスタッフ』『ドリーム』ほどには響いてこなかったな。

 この映画は宇宙開発そのものよりもニール・アームストロング船長のパーソナルな世界を描いていて、そこにある葛藤や喪失感、孤独感をいっぱい描いてるんだけど、個人的にはもっと客観的にその時代、その世界を見たかったカンジね。

 映画はひたすらアップに頼るのね。顔の大アップが延々と重ねられ、まるでそうしないと人の心を捉えられない、伝えられない、みたいな強迫観念に駆られたような印象。っていうか、クライマックスをIMAXカメラで撮ってるくらいなんだから、当然IMAXでの上映を前提としてる映画でしょ? なのに、IMAXの大画面に頭とアゴが切れた大アップがドーン!って。
 その上、臨場感!とばかりにカビの生えた(だから90年代に『ER』でさんざんやってるでしょ)手持ちカメラぶん回しまくりで、でもそれ、IMAXの視界いっぱいのスクリーンで見せるモノなワケ?って甚だ疑問に感じたわ。

 だからクライマックス、月面での大切なシーンで、あえて顔を見せなかったとしたら、それは「ああ、そう来ましたか!」ポン!って手を叩いて腑に落ちたかもしれないけど、あらら、なんだ、やっぱり見せちゃうのね・・・って。
 カメラはゴズリングにひたすらしがみついて、だけどそれで伝わってくるもの、そこに映像から見えるモノ以上のものはあったのかなぁ?

 チャゼル監督、『セッション』『ラ ラ ランド』この映画と見てきて、意外と直接的、短絡的な人?とか考えてしまったり。『ラ ラ ランド』は良かったんだけどね。『セッション』はノイズの多い脚本なのでどーなの?って思ったけど。

 アポロ計画より後を描いた映画はドキュメンタリーの『宇宙へ。』くらいで(それもBBC、イギリス産ね)、あとはフィクションの世界に突入するわけだけど(『スペースキャンプ』とか『アルマゲドン』とか『ディープ・インパクト』とか『ゼロ・グラビティ』とか)、それはやっぱりスペースシャトル計画の2つの大事故が影を落として、まだそこに向き合えるだけの状態にないのかもしれないわね。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 6点(2019-02-11 19:40:44)
その他情報
作品のレビュー数 23件
作品の平均点 6.70点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
214.35%
300.00%
400.00%
514.35%
6730.43%
7834.78%
8521.74%
914.35%
1000.00%
作品の標準偏差 1.37
このレビューの偏差値 46.27
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ファースト・マンのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS