Menu
 > 作品
 > カ行
 > 海炭市叙景
 > 花守湖さんのレビュー
海炭市叙景 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 海炭市叙景
製作国
上映時間152分
劇場公開日 2010-12-18
ジャンルドラマ,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 なるほど、たしかに暗い。つい最近、18切符で、その函館に行った。かなり衰退していた。観光雑誌でみる函館とはあまりにも違い過ぎた。しかし映画の映像は、そんな函館の衰退よりも、そこで暮らす人々の「家」にスポットを当てている。まず一話。兄妹が暮らす家、そこは星飛雄馬の家にあるような、ちゃぶ台が置いてある。家の中なのに、よほど寒いのか、2人とも厚着をしている。そのうえ、光が全く射さない暗い家。私がそこに住んだら、おそらく一か月間でうつ病になる。ちなみに兄は自殺した。さもありなん。第二話。立ち退きを迫られる老婆の話。おそらく老婆は死ぬまでその家で暮らすだろう。しかし、くたばっても、死後1か月は死体が発見されない気がする。それでいいのか?そんな家、捨ててしまえよと思う。三話。プラネタリウムで働く低収入の男が、妻と息子から、死ぬほど嫌われている話。男は妻や息子と会話しようと試みる。しかし空気のように無視される。だったらなぜ離婚しないのか?無性にイライラする。老婆にせよ、プラネタリウム男にせよ、お前らは何にしがみついているのだ?お前らは故郷に執着しているのか?いや違うだろうな。お前らは家族に執着しているのだろう?しかしお前らに言いたい。家族なんて家電となんら変わらない。次に4話。妻に暴力をふるうDV夫の話だ。夫は血が出るまで妻を殴る。妻は精神的に病気になって息子を虐待する。完全に壊れた家電家族だ。地方の衰退という1つのメタファーを通じて、どの章も、崩壊家族が描かれていた。しかもこの手の映画で必須であるはずの、家族の再生が描かれていない。もし、お前らが故郷から脱出するだけならば、単純に電車やバスに乗ればすむだろう。しかし、お前らにとって、それが本質的な受苦からの解放につながるのか?それは不可能なのだ。映画は何の解決策も示さずに幕を閉じる。この映画は不幸の大バーゲンセールでもやっているのか?
花守湖さん [DVD(字幕)] 0点(2012-09-17 23:00:37)
その他情報
作品のレビュー数 13件
作品の平均点 5.15点
作品の点数分布
017.69%
100.00%
217.69%
3215.38%
417.69%
5215.38%
617.69%
717.69%
8430.77%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 2.54
このレビューの偏差値 41.99
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
海炭市叙景のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS