Menu
 > 作品
 > ア行
 > アクアマン
 > サムサッカー・サムさんのレビュー
アクアマン のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 アクアマン
製作国
上映時間143分
劇場公開日 2019-02-08
ジャンルアクション,SF,アドベンチャー,ファンタジー,シリーズもの,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 マーベルのアベンジャーズに負けず劣らずの超大作シリーズながら、ザック・スナイダーのヴィジュアル作家性の影響で、どこか暗く地味な印象のまとわりつく「ジャスティス・リーグ」。

今回のスピンオフは「アクアマン」というこれまた地味目なヒーローをフィーチャー。
魚と話すだけの男に果たして映画一本務まるのか…?と疑問を抱いていたが、いざ鑑賞してみればサービス精神抜群のスーパー超大作に仕上がっている。

メガホンをとったジェームズ・ワンといえば「ソウ」で注目を浴びて以降、「インシディアス」「死霊館」など、ホラー映画を得意としてきたが、最近は超大作にも起用されているようだ。

そんなワン監督のスーパーヒーロー映画だが、監督が以前に車が出れば何をやっても良いよ的な「ワイルド・スピード」を手掛けたからか、本作はDCEUの中でも群を抜いて派手でハチャメチャ。凄まじい映像の物量で攻め立ててくる。

序盤こそキャラクターデザインの絶妙なダサさや(ブラックマンタなど原作に準拠しすぎだろう)、突然のBGMシガー・ロスなど、やりたい放題な感じに戸惑ってしまったが、アトランティスという名のネオン街で繰り広げられる潜水艦チェイスの辺りで、もうどうにも楽しくなってしまった。以降、トライデントの話はいいから変な映像をもっと見せてくれ!というスタンスで鑑賞したら、なかなか見所は多かった。

アクアマンだからと言って海中のシーンだけにこだわる必要はない。もちろん海中のハイスピードフワフワバトルも面白いが、唐突なインディ・ジョーンズ化、イタリアの明るい屋外の素晴らしいアクション・シークエンス、さらにはかわいいニコール・キッドマン、そしてキレイなウィレム・デフォーなどヤバい映像のオンパレード。
アーサーとアトランナの再会シーンに至っては、アトランナのプレデターみたいな衣装が気になって感動がブレそうではないか。ぶっ飛びすぎだろうよ、このビジュアル世界は。

ストーリー自体はアリガチで内容も薄いきらいはあるが、映像面に振り切ってくるアメコミ映画も個人的には嫌いではない。(シュマッカー版の悪趣味なバットマンとか僕は結構好きなのです)
次回のジャスティス・リーグではアクアマンのド派手な活躍を期待したくなる出来だ。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2019-01-20 19:50:39)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 12件
作品の平均点 7.17点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
518.33%
6325.00%
7325.00%
8325.00%
9216.67%
1000.00%
作品の標準偏差 1.21
このレビューの偏差値 48.87
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
アクアマンのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS