Menu
 > アカデミー賞
 > 助演男優賞【1950年代】
アカデミー賞 助演男優賞【1950年代】


1950年(第23回)

ジョージ・サンダース〔男優〕イヴの総て

ノミネート:

ジェフ・チャンドラー[男優1918年生]折れた矢
エリッヒ・フォン・シュトロハイムサンセット大通り
サム・ジャッフェ〔男優〕アスファルト・ジャングル


1951年(第24回)

カール・マルデン欲望という名の電車(1951)

ノミネート:

ケヴィン・マッカーシーセールスマンの死(1951)
ピーター・ユスティノフクォ・ヴァディス(1951)
レオ・ゲンクォ・ヴァディス(1951)


1952年(第25回)

アンソニー・クイン革命児サパタ

ノミネート:

ジャック・パランス突然の恐怖
アーサー・ハニカット果てしなき蒼空
ヴィクター・マクラグレン静かなる男


1953年(第26回)

フランク・シナトラ地上より永遠に(1953)

ノミネート:

ジャック・パランスシェーン
エディ・アルバートローマの休日
ブランドン・デ・ワイルドシェーン
ロバート・ストラウス〔男優〕第十七捕虜収容所


1954年(第27回)

エドモンド・オブライエン裸足の伯爵夫人

ノミネート:

ロッド・スタイガー波止場(1954)
トム・テューリー〔1908年生〕ケイン号の叛乱
リー・J・コッブ波止場(1954)
カール・マルデン波止場(1954)


1955年(第28回)

ジャック・レモンミスタア・ロバーツ

ノミネート:

サル・ミネオ理由なき反抗
アーサー・オコンネルピクニック(1955)
ジョー・マンテルマーティ


1956年(第29回)

アンソニー・クイン炎の人ゴッホ

ノミネート:

ロバート・スタック風と共に散る
アンソニー・パーキンス友情ある説得
ドン・マレーバス停留所


1957年(第30回)

レッド・バトンズサヨナラ

ノミネート:

ラス・タンブリン青春物語
ヴィットリオ・デ・シーカ武器よさらば(1957)
アーサー・ケネディ青春物語
早川雪洲戦場にかける橋


1958年(第31回)

バール・アイヴス大いなる西部

ノミネート:

ギグ・ヤング先生のお気に入り
アーサー・ケネディ走り来る人々
セオドア・バイケル手錠のまゝの脱獄
リー・J・コッブカラマゾフの兄弟(1958)


1959年(第32回)

ヒュー・グリフィスベン・ハー(1959)

ノミネート:

ジョージ・C・スコット或る殺人
エド・ウィンアンネの日記(1959)
アーサー・オコンネル或る殺人

© 1997 JTNEWS